バイナンスの日本進出が暗号通貨市場に不可欠な理由

暗号通貨取引所バイナンスが5年ぶりに日本市場に戻ってきました。バイナンスは、日本での完全な規制下で運営できる新しい子会社を設立するプロセスを開始したのです。

バイナンスはサクラ・エクスチェンジ・ビットコイン(SEBC)を買収しました。この取引の一環として、SEBCは2023年5月31日にサービスを停止し、2023年8月1日にバイナンスジャパンが発足しました。

日本での市場がいかに巨大であるかという理由から、人々はこの日本での最近の立ち上げに興奮しています。日本におけるバイナンスとビットコインのさらなる利用が、時間の経過とともにどのように大きくなっていくかを見てみましょう。 

日本はWeb3にとって有望な国であり続ける 

日本の岸田文雄首相は、日本がより多くのWeb3プロジェクトに対してオープンであると述べました。これはバイナンスやその他の国にとって大きなことです。なぜなら、人々は将来Web3をサポートするデジタル資産を持ちたがっているのです。

日本の首相は、イノベーションとデジタルトランスフォーメーションに重点を置き、成長とより多くの資産を促進しています。彼は、Web3は資本主義の新しい形の一部であり、人々が可能性のあるスペースでプロジェクトを作成していることを考えると、それは良い視点であると述べました。

多くの人がメタバースプロジェクトを挙げるでしょうが、これはテクノロジーが人々の交流方法を改善する良い方法です。バーチャルリアリティヘッドセットを使って他の人と話したり、好きなゲームを一緒にプレイすることもできます。岸田首相自身も、ある日本企業がメタバース内で野心的な経済システムを作ろうとしていると聞いていると語っています。

そうすれば、デジタルアセットはこうしたWeb3のプロジェクトを進めるのに必要なものなため、人々はデジタルアセットに注目し続けるでしょう。 

バイナンスジャパンはすでに国内最大の提供資産を持つ

バイナンスジャパンのネットワークには、すでに34のアセットがあります。これは新しいネットワークとしてはすでに高い水準であり、販売するアセットでできるだけ多くの人々に対応できることを意味します。34通貨という数は、ビットバンクやビットトレードの数をすでに上回っているのです。

このようなカタログは、暗号通貨市場に参入したい日本の誰にとっても大きなものとなるでしょう。彼らはこの分野に素早く参入する方法を探しており、バイナンスは世界的に確立されているため、その方法となることができるのです。

日本での5年間の不在の後、これはバイナンスによる軌道修正となる

日本では暗号通貨市場は盛り上がっているが、過去5年間でバイナンスが存在していた場合に達成できたであろう規模に比べれば、他国から少し遅れをとっています。バイナンスが戻ってきたことで、より多くの人が再び暗号通貨市場に参入することになり、それは加速することでしょう。

バイナンス自身はシンガポール、マレーシア、タイといった国でも同様のアクションを行っていますが、それらはバイナンスが日本で得られるものと比べると見劣りするかもしれません。5年が経過したかもしれないが、暗号通貨市場は常に日本で強い存在感を示しており、バイナンスを利用すればさらに良くなることでしょう。

暗号通貨のポートフォリオを増やしたいなら、デジタル通貨で巨額の賞金を獲得できるゲームにここから挑戦してみてはいかがでしょうか。https://bitcasino.io/ja.