『クラクラ』クラッシュ・オブ・クランの大工の拠点における、『ベビードラゴン』の使い方レベル別ステータス特殊能力アップグレードコストアップグレード時間について掲載していきます。

『ベビドラ』は、飛行ユニットになりますが、特殊能力の「かんしゃく」が非常に強く、他の飛行ユニットから離れた状態であれば、通常ダメージの40%増しでダメージを与えます。

 

ベビードラゴンの特徴

クラクラ「ベビードラゴン」

 

ベビドラの特徴は、ベータガーゴイルと同じく、地上用のトラップにかかることはありません。

また、特殊能力の「かんしゃく」は、他の飛行ユニットから離れた状態だと、通常ダメージの40%増し(レベル2の場合)でダメージを与えることが出来ますので、想像以上に強さを発揮してくれます。

 

【ゲーム内説明】

かわいくてモフモフで、かんしゃくを起こしては火をまき散らします。そのハチャメチャな破壊活動は本当にかわいらしいものです。

 

ベビードラゴンのステータス

ユニットステータス

優先攻撃目標無差別
ダメージの種類範囲効果
攻撃目標地上/空中
スプリング荷重-
移動速度20

 

レベル別ステータス・アップグレードコスト及び時間

LVダメージ(毎秒)HPユニット数UPコストUP時間
1406002--
2406002200,0008時間
3446602240,00012時間
4446602280,00012時間
5487262320,0001日
6487262360,0001日
7537992380,0002日
8537992400,0002日
95887921,000,0002日
10588793--
11649673--
12649673--

 

ベビードラゴンの特殊能力

【かんしゃく】:他の飛行ユニットから離れると、ダメージが40%増加します。

LV能力解放
1-
2かんしゃく
3毎秒ダメージ+4
HP+60
4かんしゃくの能力強化
5毎秒ダメージ+4
HP+66
6かんしゃくの能力強化
7毎秒ダメージ+5
HP+73
8かんしゃくの能力強化
9毎秒ダメージ+5
HP+80
10ユニット数+1
11毎秒ダメージ+6
HP+88
12能力強化

 

ベビードラゴンの使い方

ではここからは、ベビードラゴンの使い方について掲載していきます。

 

ベビードラゴンの特殊能力「かんしゃく」は、他の飛行ユニットから離れた状態だと、ダメージが40%増加(レベル2の場合)しますので、その効果を利用してサイドカットするように使うのが理想です。

また、地上ユニットとの相性も良く、ベビドラ、ボクサージャイアント、アーチャー、ボンバーなどの空中&地上編成がおすすめです。

 

私自身、まだBH4から抜け出せない状態ですので分かりませんが、おそらくベビドラはBH4最強ユニットと言っても過言ではないでしょう。

 

『地上ユニットで対空中施設を破壊し、ベビドラで残りの施設を破壊する』

 

この攻め方は、BH4序盤では鉄板になりうる戦術になりますので、ベビドラは優先的にアップグレードしていった方が良いと思います。

 

 

まとめ

以上が、『クラクラ』ベビードラゴン(大工の拠点)の使い方・レベル別ステータスになります。

まとめになりますが、ベビドラはクラクラ(昼モード)やクラロワでもおなじみのユニットですが、大工の拠点(夜モード)では存在感は少し異なり、想像以上に強いユニットとして数多くのユーザーから支持されています。

BH4終盤になると、格上相手と当たる可能性もありますので、ユニットのアップグレードは効率良く上げていきましょう。

 

その他ユニットの使い方やステータス詳細

レイジバーバリアン

スニークアーチャー

ボクサージャイアント

ベータガーゴイル

ボンバー

→ベビードラゴン

移動砲台

→ダークネクロ

→降下船

→スーパーP.E.K.K.A

 

スポンサーリンク