『クラクラ』の「裏リーグ」という言葉がありますが一体どんなリーグ帯なのか?トロフィー数はどれくらいなのか?そしてどうやって「裏リーグ」に行くことが出来るのか?資源を稼げるという噂を聞いたので実際に「裏リーグ」に行ってみたので、その詳細を掲載していきます。

クラコネ.net

「裏リーグ」とは?

クラクラのチャットの会話や、ネットなどで「裏リーグ」という言葉を聞いたことがあると思います。

「裏リーグ」とは何なのか?

裏リーグとはトロフィー数が200以下のリーグ帯を指すそうです。

トロフィー数が300以下になると、ブロンズさえも所属できないようになるわけですが、200以下にしないと全くと言っていいほど資源たっぷり村に遭遇できないのです。

基本的にこのクラクラのゲーム性は、トロフィー数を中心にゲーム構成をされています。

ですので、例えばクラクラを一時やめたとします。

そうすると、金山やエリクサーポンプ、ダークエリクサーポンプは休むことなく生産し続けていきますのでいずれ生産施設は満タンになっていきますよね?

いわゆる「放置村」になるわけですが、その放置村を狙って攻めるユーザーがたくさんいますので、いずれトロフィー数は下がっていくのです。

スポンサーリンク

攻撃されてはトロが下がる、攻撃されてはトロが下がる…の繰り返しでトロフィー数は自然と下がり続けていきます。

攻撃をされればシールドが貼られるので12時間から16時間は攻撃されることはありませんが、シールドがなくなればまた、放置村狙いのユーザーに攻撃されるの繰り返しになるのです。

あくまでクラクラはゲームなので、新しく始めるユーザーもたくさんいるのに対して、辞めていくユーザーもたくさんいるのです。

 

実際に私も「裏リーグ」に行って参りました。。。

 

結果、稼げない!

という答えが出ましたが、TH8以下のユーザーには稼げるのかもしれません。

 

TH9以降になると補正がかかるのでTH7やTH8からは想像以上に稼げなくなるので、チャンピオンリーグやマスターリーグなどのタンクや金庫に貯めている村を攻撃した方がよっぽど稼げるのではないかと思いました。

「裏リーグ」に行くと、ものの5分通信を切っただけでトロ数が100は余裕で上がります。

常に裏リーグに挑戦しているユーザーがいるのでしょう。

 

まだ挑戦していない方は、是非「裏リーグ」に行ってみてくださいね。意外と稼げるかもしれません。

補足ですが、「裏リーグ」で稼ごうと思って行ったはいいが、逆に資源を盗られるという返り討ちパターンもあったので、裏リーグに行こうとしている方は気をつけてください。

 

待っていてもシールドが貼られることはありませんので…

スポンサーリンク