『クラクラ』TH10通常時「資源回収」における編成例をご紹介していきます。TH10序盤では、とにかくエリクサー不足に悩まされますが、そんな悩みを解決するべく今回は「エリクサー回収の編成例」を掲載していきたいと思います。

この編成はTH9でも使用できる編成例となっていますので、気休め程度にご覧ください。

クラコネ.net

闇の呪文「アースクエイク」を混ぜた編成例

TH10序盤では大量のエリクサーが必要になるということを前回の記事で掲載しましたが、

これ本当にキツイ事なんです。。。

ラボ、呪文工場、アーミーキャンプの3種類のアップグレードにかかるエリクサーの消費量は約3400万エリクサーですので、エリクサーMAX貯蔵量の約4回分です。

他にもユニットの研究にかかるエリクサーが大量にかかってくるので正直TH10の資源回収はしんどいですね。。。

 

前回の記事はコチラから↓
どうする資源不足!?TH10序盤でエリクサーを簡単に稼ぐ方法!

 

そこでエリクサーを素早く貯める方法として、闇の呪文「アースクエイク」を混ぜた編成例がとても簡単に回収できたので、今回は『ダクエリ編成withアースクエイク』の編成例をご紹介していきます。

TH10序盤ダクエリ編成例withアースクエイク

編成例 ユニット数 消費コスト
ホグライダー 28 1,820(DE)
ガーゴイル 6 60(DE)
ウォールブレイカー 4 12,000(E)
ジャイアント 4 12,000(E)
バーバリアン 20 4,000(E)
ゴブリン 20 2,000(E)
【援軍】
適当に
【ヒーロー】
バーバリアンキング 1
アーチャークイーン 1
【呪文】
ヒーリング 3 72,000(E)
アースクエイク 4 640(DE)
ポイズン 1 125(DE)

※(DE)→ダークエリクサー、(E)→エリクサー

累計ダークエリクサー 累計エリクサー
2,645 102,000

※編成のユニットレベルは、TH10序盤なのでTH9最大レベル時のユニットレベルに設定してあります。

スポンサーリンク

攻め方

上記「編成例で」の攻め方を解説していきます。

 

まず攻める村は「TH9」がメインになります。TH10以降で放置村を発見した場合は積極的に攻め込みましょう。

そしてリーグ帯は、マスターリーグからチャンピオンリーグの間で充分安定して稼ぐ事ができます。

 

攻め方としては、援軍処理とサイドカットは言うまでもないと思うので省略しますが、中央に資源施設が固まっていそうな村を襲撃しましょう。

 

援軍処理をしつつ、中央の壁を「アースクエイク」で破壊します。

次に、黒ジャイでターゲットを取り、ホグライダーを一気に放出。

その他ユニットとヒーローをサイドカットしながら中央に進軍させる。

破壊率稼ぎのためにガーゴイルは最後までとっておくと尚良い。

 

ザックリの説明ですが、これくらいの攻め方で充分破壊率が稼げると思います。

略奪資源量を25万以上、勝利報酬で10万以上入手出来れば差し引き25万エリクサーを稼ぐ事ができるので、この編成で繰り返し攻めれば約25回くらいで700万エリクサーを貯める事ができます。

気をつけなくてはならない事は、ババキンとアチャクイは絶対にいた方が良いのと、ダクエリの消費量が早いのでダクエリを大量にためこんでいる村を発見した場合は攻めるということです。

 

TH10ユーザーはクラクラを熟知している方がほとんどだと思うので、参考になるかわからないですが気休め程度に実践してみてくださいね♪

スポンサーリンク