『クラクラ』クラッシュ・オブ・クランにおける、「サージカルホグ」の使い方について詳しく解説していきます。「サージカル」という言葉は、主に医療関係で使われる言葉ですが、クラクラでいう「サージカル」「精密に(ピンポイントで)」という意味を持たせているようです。

クラコネ.net

サージカルホグとは?サージカルの使い方を徹底解説!

「サージカルホグ」とは?

最近、クラクラで攻める際に「サージカルホグ」という言葉を良く耳にします。

「サージカル」という言葉は、主に医療関係の間で良く使われているようですが、クラクラでいう「サージカル」は、簡単に言うと「特定の施設をピンポイントに狙って、ユニット2体〜3体を小出しに投下する」と考えて良いと思います。このやり方を想像してもらえば「精密に」という意味が良く分かります。

 

では、どんな時にこの「サージカルホグ」を使用するのでしょうか?

 

「サージカルホグ」の使い方

主に「裏ホグ」「裏バル」をやる時にこの「サージカル」というテクニックを使っていくのが普通です。

ホグライダーの弱点は、誰もが知っていると思いますが、巨大爆弾ばねトラップに非常に弱いです。

 

まず、「巨大爆弾」のホグライダーへのダメージ量は1.5倍となっています。更に、巨大爆弾を2個並べて配置する「2連巨爆」は、ホグライダーがまとめて特攻してしまうと一気に消滅してしまいます。

この時「サージカルホグ」というテクニックを利用することにより、ホグライダーの巨大爆弾からのダメージを防ぐことができるのです。

 

続いて、ばねトラップについてですが「ばねトラップ」は、ユニット枠20を飛ばすことが可能です。ホグライダーはユニット枠が5なので、一撃で飛ばされるユニット数は4体です。全てのばねトラップにかかるかと言えばそうではありませんが、合計6つのばねトラップにかかってしまった場合、最大で24体のホグライダーを飛ばされる計算になってしまいます。

この時「サージカルホグ」というテクニックを利用することにより、本来4体飛ばされるホグライダーを2体〜3体で済ませることができるのです。

 

スポンサーリンク

 

「サージカルホグ」の使い方まとめ

サージカルホグの使い方をまとめてみると、「サージカル」にホグライダーを投下することにより、巨大爆弾のダメージとばねトラップの回避ができるということになります。

特に該当するTH帯としては、TH8の「ホグラッシュ」「裏ホグ」使用時、TH9以降の「GoWiHo(ゴレホグ)」「裏ホグ」使用時に、このサージカルホグを行えばより全壊の成功率が上がると言えます。

他にも、「黒バル」を使用する際に「サージカルバル」として、サージカルホグと同じような使い方をすることにより、同等の効果が得られます。

極端な話、適当にユニットを投下する時代は終わり、確実に全壊を狙うため、精密にユニットを投下していきましょうということです。

実際、管理人の私も基本は「サージカル」な出し方をして、より正確に全壊を獲得しています。未だに雑にユニットを出してしまっている方は、このサージカルのテクニックを身につけて、確実に敵の村を落としていきましょう。

 

裏ホグと裏バルの詳しい記事はコチラから↓
裏ホグ、裏バルの使い方!より確実に全壊を取る為に欠かせない!?

 

TH8攻め方「クラン対戦」の全壊戦術一覧はコチラ↓
TH8攻め方「クラン対戦」のメジャーな全壊戦術はこの5つ!

 

TH9攻め方「クラン対戦」の全壊戦術一覧はコチラ↓
TH9攻め方「クラン対戦」の全壊戦術!アナタならどれを選ぶ?

 

スポンサーリンク