『クラクラ』クラッシュ・オブ・クランにおける通常時「村の配置」は、資源を守る為にとても重要なテクニックです。アップデート後は、THを外に出す必要がなくなったので従来のような配置では、資源を守る事が出来ません。

今回は「TH9通常時の『資源重視型配置』」について徹底解説していきます。

クラコネ.net

アップデート後はTHを村の中心部に入れよう!

今回の大型アップデートにより、通常時の村の配置においてタウンホールを村の端に配置する必要がなくなりました

 

アップデートの詳細はコチラの記事から↓
クラクラが大きく変わる!?2015年12月アップデートまとめ!

 

従来とは異なり、THが資源施設とみなされるようになったのでユニットの「ゴブリン」から攻撃を受けるようになったのです。更に、THは資源貯蔵施設(金庫、エリクサータンク、ダークエリクサータンク)1基分の貯蔵量を保管するようになったので、THを破壊されただけでも相当の資源が奪われてしまいます。

そして、今回のアップデート以降から「THを破壊されただけ」では「シールドが貼られない」というなんとも厳しい条件が付けられるようになりました。

ですので、クラン対戦用配置同様、通常時の村の配置でもTHを村の中心部に入れるようにしましょう。

 

そこで今回は、THを村の中心部に配置した「資源重視型配置」について掲載していきます。

 

まずは、配置をする前に、TH9の通常時の村の配置をする為の重要な事をおさらいしていきましょう。

 

 

【タウンホールは村の中心部に配置する】

アップデートにより、外に配置する意味がなくなった為。

 

【資源貯蔵施設は壁の内側に入れる】

金庫、エリクサータンク、ダークエリクサータンクはできる限り壁の内側に配置しよう。

 

【クランの城を村の中心部に配置する】

防衛援軍の援軍処理をやりづらくする為。

 

スポンサーリンク

 

【防衛施設は四方均等に配置する】

アップデートにより、通常時でも本気攻めをしてくるユーザーが増えたので、クラン対戦時同様、防衛を強化させる。

 

【ヒーローは村の中心部に配置する】

バーバリアンキング、アーチャークイーンは村の中心部に配置しましょう。TH9以降になると、攻める際に早い段階でアチャクイを倒さないと、全く破壊できないで終わる可能性があるのでできる限り内側に入れると良いです。

 

【陸、空の戦術両方に対応できる村構成を目指す】

TH9の空の戦術である「ラヴァル系」は想像以上に破壊力があるので、陸対策プラス空対策も重要。

 

上記6点は、村の配置をする際にとても重要な項目になるので、頭に入れておくと配置を作る際に楽チンです。

 

 

では、実際に通常時の資源重視型配置を作ってみましょう。

TH9資源重視型配置 参考例

【TH9通常時資源重視型配置《参考例》】

クラコネ.net

条件が全て詰まった配置を見つけたのでご紹介します。

こちらの村は非常に良い村の配置だと私個人的に思います。陸、空の両方に対応した村ですし、何より村の中心部に辿り着くまでに壁を3枚破壊しなくてはなりません。

しっかりとダークエリクサータンクも中心部に配置してあるので、資源を守れる配置の中でも最強と言えるほどの配置ですね。

少しいじっていけば、TH9の中でも防衛率の高い「村の配置」が出来上がると思います。

まとめ

念のため言いますが、前述で触れた「ヒーローを村の中心部に配置する」ということを絶対的に守らないと防衛率が極端に減少するので絶対に!絶対に!注意してくださいね。

 

またこのような良い村を発見した場合は、随時アップしていきますが、ここで村の配置をするコツを伝授します。

初心者の方や、村の配置が苦手な方は、まずは良いと思った村を真似して作ってみてください。そうすることによって村の配置が簡単に作る事ができると思いますよ♪

まずは、他人の村をパクって、そこから自分なりに変更してオリジナルの村を作っていきましょう。

 

TH9クラン対戦用配置についての記事はコチラから↓
クラクラTH9配置!「クラン対戦用配置」は陸空両方に対応させる!

 

スポンサーリンク